性感体験のススメその1

性感マッサージをさせていただいていると、皆様から「今までで一番気持ちがよかった」と言われたり、「初めて中イキできました…」などと言われます。

その理由のひとつとしては多くの女性がこれまで男性から挿入の前に十分な愛撫を受けてこなかったからではないかと思います。

女性からよく聞く話としては、エッチの時はまず女性がフェラで男性を大きくして、その後男性が女性器を少し触って濡れてきたら挿入⇒射精で終わりとなるような話です。丁寧な前戯などほとんどないといいます。女性器が濡れたからといって女性の脳も絶頂に達する準備が出来たというわけではありません。例えばレイプなど無理やりされた場合で脳は完全拒絶していても女性自身が体を守るために本能的に濡れる場合があると言われています。濡れ始めた段階で挿入となると女性の脳はそこまで快楽を受容していないので気持ちよく感じることが出来ないとなってしまっていることが多いのだと思います。女性が本当に絶頂を迎えるには時間をかけて脳が快楽を受容した状態に持っていく必要があるのです。


また、私がGスポットを丁寧に刺激していると「今までそんなことされたことない」といわれたり、クン二をしながら空いた手でほかの性感帯も刺激していきますが、クン二の際にそんなことされたことないといいます。
男性が女性をイカせようとする場合、自分の男性器で女性をイカセようと考えている方が実は多いのではないでしょうか?確かに男性器でイカせることもできるでしょうし、その方が女性に対する征服感も大きく味わえるうえに何より自分自身が気持ちよいので男性としては挿入でイカセルのがベストだた考えていると思います。しかしながら、性感マッサージを長い間行ってきた今になって思うのとおそらく性感マッサージの方が男性器の挿入行為より大きな快楽を女性に味わっていただけるのではないかということです。といいますのも、女性器の中にはいろんな場所にいろんな性感帯がありますが、女性の感じ方から見る経験則から言ってもGスポット周りの快楽が最も大きいように思います。指であれば第2関節を折り曲げてその方に合ったGスポットをピンポイントで強弱をつけながら反応に合わせて刺激することができます。一方、男性器を挿入したとてもそんな箇所を自由に刺激することはできません。すなわち、ダイナミックに出し入れをする男性器よりは女性器の中で自由自在に動かせる指の方が丁寧に女性の性感帯を丁寧に刺激しより高い快感に導けるのではないかと思っています。